潮流コラム一覧

[著者] 馬場錬成

1940年 東京都生まれ。東京理科大学理学部卒業後、読売新聞社入社、編集局社会部、科学部、解説部を経て論説委員(科学技術政策、産業技術、知的財産権、研究・開発間題などを担当)2000年11月読売新聞社退職、読売新聞社社友。

東京理科大学知財専門職大学院教授を経て、現在、特定非営利活動法人・21世紀構
想研究会・理事長、全国学校給食甲子園大会実行副委員長、
文部科学省・学佼給食における衛生管理に関する調査研究協力者会議委員など。
馬場錬成先生


[主な著書]
「大丈夫か 日本のもの作り」(プレジデント社、2000年)
「大丈夫か 日本の特許戦略」(プレジデント社、2001年)
「ノーベル賞の100年」(中公新書、2002年)
「知財立国 日本再生の切り札100の提言」(共著、日刊工業新聞社、2002年)
「中国ニセモノ商品」(中公新書ラクレ,2004年)
「変貌する中国の知財現場」(共著、日刊工業新聞社、2006年)
「物理学校」(中公新書ラクレ、2006年)
「大村智 2億人を病魔から守った化学者」(中央公論新社、2012年)
「青年よ理学をめざせ ~東京理科大学物語~」(東京書籍、2013年)
「スイカ」の原理を創った男 特許をめぐる松下昭の闘いの軌跡(日本評論社、2014年)
「知財立国が危ない」(日本経済新聞社、荒井寿光と共著、2015年)

[受賞・表彰]
2007年1月6日 「東京理科大学の建学の精神にのっとり科学の普及、発展に寄与した」として東京理科大学「坊っちゃん賞」。
2009年11月26日 「学校給食の充実に尽力した功績」として文部科学大臣表彰。
2011年10月22日 「臓器移植普及啓発の功労者」として厚生労働大臣表彰。

PDFのご利用について
PDFファイルをご覧いただくためにはAdobe Reader(無料)が必要です。インストールされていない方は、ご使用の際には、下記よりダウンロードしてください。
Adobe Reader (アドビ システムズ株式会社のサイトへ

PAGE TOP