有料セミナー

東 京

有料

ロの字型パッケージセミナー:意匠調査・類否判断

日程 2019.10.25(金)
時間 14:00~16:30
定員 10名様
参加費 10,000円
会場 東京本社 3Fセミナールーム 会場案内地図

製品のデザインに関して他社から警告を受けてしまった時、また他社へ警告しようとする時、必ず必要

となる「類否判断」。類似/ 非類似どちらの判断結果の場合も、その結果の根拠を確立させなければいけま

せん。

 本セミナーは、意匠権侵害事件を題材に類否判断の論理構成とそれを裏付ける意匠調査について理解を

深めるセミナーです。類否判断および意匠調査についての考え方を解説後、事前にお知らせする訴訟事件

の意匠について受講者の皆様に類否判断、意匠調査を行っていただき、その結果についてディスカッショ

ンしながら検討をします。

 元特許庁意匠審査官の講師はもちろん、他の受講者様の意見を参考にすることも出来るのは少人数なら

では。この機会をぜひお見逃しなく!

※訴訟事例の類否判断結果を受講者様に発表していただきます。セミナー内でもPC を使い調査出来る

 時間を多少設けますが、受講前にご準備いただくことをお勧めいたします。

 ( 案件はお申し込み時にお知らせいたします)

 

【予定内容】

1. 類否判断とは?      2. 判断を裏付ける意匠調査

3. 結果ディスカッション   4. 判決( 裁判所の判断) の検討

5. 総評

 

【講師紹介】

原田 雅美先生 のぞみ特許事務所 弁理士

1983 年 特許庁入庁。その後、意匠審査官、意匠制度企画室長、意匠上席審査長、審判長などを歴任

2013 年~ 特許庁退職後、弁理士登録。現、のぞみ特許事務所弁理士

※千葉大学大学院非常勤講師、女子美術大学非常勤講師、会津大学短期学部非常勤講師

PAGE TOP