特別企画セミナー

東 京

無料

中国知財裁判情報セミナー ~損害賠償訴訟から司法保護の状況を読み解く~(懇親会あり)

日程 2017.12.11(月)
時間 14:00~16:30
定員 40名様
参加費 無料
会場 大手町サンケイプラザ 会場案内地図

IP HOUSE 社 主催/ 株式会社発明通信社 共催

中国知財裁判情報セミナー
~損害賠償訴訟から司法保護の状況を読み解く~

  セミナー:14:00~16:30
   懇親会  :17:00~18:00

   近年、中国における知財侵害訴訟件数は世界一となり、中国の国内企業が
外資系企業から巨額の損害賠償を得る事案も散見されます。
2014 年には北京、広州、上海に中国初の知識産権法院
(知的財産専門裁判所)が設立され、知的財産権の運用及び保護強化のための
司法サービスの革新に取り組む体制が作られました。
しかし、中国の侵害訴訟をとりまく制度の実態は、権利侵害の損失を
確定する有効な手段がないなどの背景から法定賠償を原則としており、
侵害を効果的に阻止することができない状況にあります。

   本セミナーでは、こうした中国の知財侵害訴訟における最新の動向を、
中国で最も完備された中国知的財産権判決文書データベースをもつ
北京知財宝網絡科技発展有限公司(北京IPHOUSEネットワーク科学技術発展
有限公司)の社長・普翔(フ ショウ)氏、副社長・応 向健(オウ コウケン)氏が分析します。


中国に進出する企業の皆様必見!
元裁判官の講師による中国の司法保護状況の実態を知ることができるこの機会
ぜひ奮ってご参加下さい。

PAGE TOP