特別企画セミナー

東 京

無料

中国・台湾特許調査セミナー

日程 2019.02.20(水)
時間 15:00~17:00
定員 20名様
参加費 無料
会場 東京本社 3Fセミナールーム 会場案内地図

中国における特許・実用新案の出願が驚異的な伸びを示している反面、権利維持される件数はそれほど多くありません。出願数だけが誇張されて不安が煽られている現状や最近の中国特許動向を紹介し、併せて商用英語データベースによる調査漏れを克服する方法を取得します。また、半導体や液晶材料など日本の根幹技術が多く出願されている台湾についても、中国同様に調査漏れを防ぐ原語調査方法、中国語の理解がなくても検索用キーワードを抽出する方法を学びます。
 講師からの一方的な情報提供ではなく、ご参加の皆様と実際のツールを確認しながら議論で進める講座です。

 

【予定内容】
1. 中国特許情報トピックス:早期公開特許
2. 商用英語データベースの問題点
3. 中国語検索による特許情報抽出:中国語検索が必要な理由、中国語抽出ツール
4. 中国特許の検索・出力・翻訳:読み書きができなくても調査する方法
5. 中国語用語、出願人辞書その他

 

※こちらのセミナーでは、PC のご持参をお奨めいたします。(Wi-Fi 設備有)

貸出し用PCが定数に達しましたので、お貸し出しはございません。何卒ご了承下さい。


【講師紹介】

伊藤 徹男様  アジア特許情報研究会・事務局
化学系会社でメディカル材料の研究開発に従事した後、1999 年同社知財部で10 年間特許調査を担当し、

2009 年定年退職。
2010 年より三菱ケミカルリサーチ客員研究員としてアジア知財情報を研究し、現在に至る。  
○主な知財活動歴

2001 ~ 2004 年:日本知的財産協会情報検索委員会で活動

2004 年~:日本知的財産協会、発明推進協会その他で知財情報関係セミナー講師を務める

2007 ~ 2009 年:検索競技大会委員を務める
2008 年:「アジア特許情報研究会」設立

2015 年:特許情報活用研究功労者受章

PAGE TOP